頭皮臭い消す

はじめに、「私の頭皮、臭っているかも」

こんなつらい自覚はありませんでした

「私の頭皮、臭っているかも」こんなつらい自覚はありませんでした、人は臭いには敏感です、でも誰もハッキリ指摘はくれません。その恥ずかしさやうしろめたさは、せっかくの人生をも消極的にさせるものでした。しかし頭皮が臭う理由を把握し、時間をかけて取り組んだ結果、私は臭いの悩みから解放されました。あなたのつらさよくわかります、だからつたない内容ですが私の得た知識をここでまとめてみました。お役に立てれば幸いです。

 

目次


はじめに、「私の頭皮、臭っているかも」
頭皮にかさぶたが、いくらシャンプーをしても臭うのです
なぜ?私の頭皮が臭くなった理由を調べてみると
シャンプー選びのポイントとは
頭皮の臭いに特化したシャンプーはこれ!
さいごに、自宅でヘッドスパ!「キュアラフィ」を使ってみて


頭皮にかさぶたが、いくらシャンプーをしても臭うのです

体質が変わり敏感肌に、でも頭皮を見落としていました

こんにちは、みゆきです。私は28歳で出産した後に体質肌質が変わって敏感肌になってしまい、基礎化粧品などは全部変えました。でも、そこで見落としていたのが「頭皮」だったのです。ある日美容院に行ったら「ここ、かさぶたがいっぱいあるんですけど・・・」スタイリストさんに指摘されて・・・ギクッとしたんです。ちょうど30歳になったころの話です。確かにその頃フケがなんだか増えたみたい、とか思っていたのですが、よく触ってみると、色々な所にぼこぼことかさぶたが。「こりゃいかん!」とあわてた次第です。

 

しかし私が本当に悩まされたのが、その後しばらくして気になりだした「臭い」でした。

 

毎日シャンプーしても夕方になると気になる臭い

毎日臭くなりました、もうシャンプーばかりしていました、念入りすぎるほどに。でもいくらシャンプーしても、次の日には頭皮が臭いのです。シャンプーのいい匂いは半日も持たないと思います。なので、いつもいつも頭が臭いというコンプレックスがありました。仕事に出かけるときは頭に香水を少し振りかけたりして、いつも自分の臭いを隠していました。逆に香水の匂いのほうがきつかったして失敗したこともあります。そして夕方になるともう気になってしまいいけません、シャンプーを変えてもダメ、ノイローゼ気味でした。

 

そして、悩んでも解決はしないだろうとまず根本的になぜ頭皮が臭くなるのか、その原因を調べてみたのです。

 

なぜ?私の頭皮が臭くなった理由を調べてみると

毎日シャンプーしていたのに、なんで私の頭が臭くなってしまったのでしょうか。理由は私のあせりにありました、過剰なシャンプーにより乾燥した私の頭皮を補うために「皮脂」が大量に分泌させられていたのです。

 

シャンプーによって乾燥状態になった気の毒な頭皮

「皮脂」とは、皮膚のバリア(膜)の役目をしているものをいい、とても大切なものです。しかしこの皮脂が多すたり、毛穴に詰まったりすると臭いやニキビなどのトラブルのもとになります。そしてこの皮脂が最も多く分泌されるところが「頭皮」なんです。臭いに悩む私は一日に何回もシャンプーをしていました。その結果、皮脂は洗い流され頭皮はそのたびに乾燥させられ、まさに「砂漠状態」だったんです。いくら皮脂を分泌させても、シャンプーによって乾燥状態になったった気の毒な頭皮。こうなると身体は皮脂をさらにもっともっと分泌させようとします。

 

臭い、皮脂が空気中のバクテリアに分解された結果発生したものです

その結果、皮脂を分泌する役割を担う皮脂腺が極端に肥大し、常に大量の皮脂が出る環境を作っていたんです。臭いの原因は、この過剰に分泌された皮脂が空気中のバクテリアに分解された結果、発生したものです。だからどんなに頭皮クレンジングをしても毎日洗浄力の強いシャンプーや自分の頭皮に合わないものを使っていれば、いつまでたっても悩み続けるだけですね。あなたの皮脂腺も極端に肥大し常に大量の皮脂が出る環境になってしまっているのかもしれません。でも安心してください!

 

頭皮の臭い、解決のポイントは皮脂、そして特化型のシャンプー

シャンプーに配合されている成分が、頭皮に必要以上に強い刺激やダメージを与え必要な皮脂を洗い流してしまいます。すると地肌を守ろうと過剰に皮脂分泌を促進させ雑菌の繁殖させる、これがニオイの発生の原因です。したがって解決のポイントは「皮脂」です、頭皮に適度な皮脂量をキープさせることにより肥大した皮脂腺を、ゆっくりゆっくり正常の大きさに戻すこと。そしてその効果に特化したシャンプーを使えばいいのです。

 

シャンプー選びのポイントとは

さて雑誌をのページをめくれば新しく魅力的なシャンプーがたくさん掲載されています、しかしどれを選んだらよいのでしょうか。ハッキリ言えばいまのあなたにとって育毛促進などはどうでもいいのです。あくまあでもあなたの頭皮にとって、臭いを解決されてくれるシャンプーを選ぶことがポイントです。

 

ゴシゴシ洗ってはダメ、シャンプーのポイント

でも、どんなにいいシャンプーを使っても、ゴシゴシを強く頭皮を刺激することはまったくの逆効果となることはもうおわかりですね。これは身体のお肌についても同じこと、石鹸で強くこすっては、お肌のうるおい成分が流れ出し乾燥肌を招くだけ。そもそもお湯に浸かるだけで皮膚の汚れやは浮き出して、かなりの量が落ちるものと言われています、頭皮や髪にしてもおなじです。ゆっくりとていねいに髪をすすぐことだけでも充分な効果があるともいわれています。シャンプーをするのなら充分に泡立て優しく包み込みように洗ってあげましょう。もちろん洗髪後はすぐに乾かすことも必要です。

 

効果が現れるのは2〜3カ月たってから、すぐに変えてはいけません

せっかく買ったシャンプーでも、しばらく使用しても効果がなかったからすぐに別のものに変えてしまったことがありませんか。肥大化した皮脂腺からの分泌が、正常なものに戻るまでは時間がかかります。最低でも3カ月は使用してみましょう。私の場合なんとなく効果が実感でき始めたのは使用開始2カ月を過ぎてからです。そして半年たった今ではまったく気にすることはなくなりました。

 


頭皮の臭いに特化したシャンプーはこれ!

頭皮の臭いとベタつきケア専用薬用シャンプー「キュアラフィ」

特化型薬用シャンプー

このシャンプーはは頭皮の臭いを抑えることに特化開発された薬用シャンプーです。だから一般で販売されているシャンプーとはそもそも目的が違います。頭皮が臭わない理想的な皮脂の分泌量になるように、またシャンプー後も無添加の保湿成分が頭皮にバリアを張り、皮脂腺から皮脂の余計な分泌を防ぐと同時に、臭いの原因(細菌、バクテリア)を防ぐ作用がもたらされることが最大のメリットです。

 

購入後も正しい頭皮ケアのための有益な情報提供を

また、『頭皮のニオイを撲滅するためには、正しいシャンプーを使うと同時に、頭皮にとって正しい知識を身につけ頭皮が臭わない生活習慣に改善していく必要があると思っています。ですから、購入して頂いた後も正しい頭皮ケアを学んで頂くために頭皮ケアに有益な情報提供をさせて頂きます。(ホームページより)』の通り

  • 正しい頭皮の洗い方
  • 正しい髪の乾かし方
  • 頭皮が臭う原因を知る
  • 頭皮の臭いに良い食習慣
  • 頭皮の臭いを短期的に防ぐコツ
  • 外出先で頭皮が臭った時に応急処置

などのサポートが受けられます、こういった姿勢もうれしいですね!初めてのお客様限定で180日間の返金保証制度も用意されています。私はこのシャンプーのおかげで人生が変わりました。

 

女性用 頭皮のニオイケアシャンプー【キュアラフィ】



 

さいごに、自宅でヘッドスパ!「キュアラフィ」を使ってみて

私の体験談です

このシャンプーには即効性はありません、またいつものシャンプーと比べると「泡立ちは悪い」ような気がしました。でも、ていねいに泡立てるとどうでしょう、みるみる「弾力」のある泡がふくらんでいきます。そしてそのクリームのような泡を頭に運び、頭皮をマッサージするように約5分洗います。シャンプーの泡がまるで頭皮に密着するようです。この感触を得るには「予洗い」をしっかりと行っておくことがポイントなんですが、そしてお湯ですすぎます。

 

洗い上がりは「しっとり感」よりも「サッパリ感」です。香りは意外なほど控えめというかやわらかで優しい香りです、香りで臭いをごまかすようなシャンプーではないようでした。だから香りが後を引かないのでコロンの邪魔にもなりません。そして「私の髪の毛ってこんなに柔らかかったのかな?」使いだしてみて、まず感じたことでした。「予洗い」をていねいに始めたものによるのかもしれません。

 

それからでした、「おや?」といったうれしい気づきが始まったのは。毎日毎日確実に自分の頭皮や髪がキレイになっていく、そんな実感が私に自信を取り戻してくれました。私にとって、このシャンプーは高い値段でした。でもそれに見合う価値は充分提供していただけました。あれほど嫌いだった私の頭皮が、いまでは愛しくなったくらいなんですから!このシャンプーとめぐりあって、本当によかったと思っています、ありがとうございました。みゆき


 

目次


はじめに、「私の頭皮、臭っているかも」
頭皮にかさぶたが、いくらシャンプーをしても臭うのです
なぜ?私の頭皮が臭くなった理由を調べてみると
シャンプー選びのポイントとは
頭皮の臭いに特化したシャンプーはこれ!
さいごに、自宅でヘッドスパ!「キュアラフィ」を使ってみて